2006年01月29日

がんばれ労働組合

 企業は株主のものか?それとも労働者のものか?戦後の高度経済成長からバブル期に至るまで20世紀の日本において「企業とは労働者のもの」と考えられてきた。しかし、21世紀になり、日本が長い不況のトンネルから脱しようという頃、「企業とは株主のもの」であるというホリエモン的(米国資本主義的)考え方が徐々に広がってきた。

 日本の労働組合はこれまでホリエモン的考えを声高に非難することをしてこなかった。昨年の日本放送の株を巡るフジテレビとライブドアの争いは、日本人の企業観が問われた出来事であったが労働組合(特に連合)は何ら社会的影響力のあるメッセージを発することがなかった。
 労働組合が労働者とその家族を守る存在であるなら、労働者の生活基盤を自由に売り買いし、不安定化させる輩は闘争の相手のはずである。労働組合は、そういう輩に対し積極的に「企業は労働者のもの」とのメッセージを発し、対決の姿勢を打ち出さねばならないはずだ。

 労働者のことを考えずに企業を自由に売り買いし、私腹を肥やす人間はマルクスが「資本家」と定義した存在そのものである。共産党や社会党に近い労働組合にほど、積極的にそういう存在を否定していかねばならないはずだ。にも関わらず労働組合は相変わらず愚かな政治家と馴れ合い、積極的なメッセージは護憲、非戦、平和の類のものばかり。今はそんなことを主張している場合ではないだろう。

 堀江逮捕は日本国のあるべき企業観、労働観を取り戻す契機である。日本国は、古来より天皇自らが田植えを行われることに象徴されるように、労働の国、労働者の国なのだ。労働組合が先頭に立ち、「企業は労働者のもの」というメッセージを発し、日本国に相応しい企業観、労働観を再確立しなければならない。
 労働組合は、闘うべき戦場をしっかりと認識すべし。今、戦わねばならない戦場は憲法問題ではない。
posted by kiyo83 at 01:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

非科学的なものと日本人

 近頃、受験に合わせた験担ぎ商品がよく売れているそうな。「キットカット(きっと勝つ)」やカールの合格祈願ver「ウカール」などよくコンビニで見かけるようになった。
 科学的見地からすれば、これらの商品を買おうが、食おうが合否に影響などするはずがない。しかし、多くの受験生とその親は「非科学的な何か」を期待し、験担ぎ商品を購買している。この場合の「非科学的な何か」を一つの単語で表すなら「言霊」であろう。
 私は験担ぎ商品を買う人々をバカにする気は全くない。バカと言えば、「ホリエモンショック」で狼狽している連中のほうがよっぽどバカだ。バカにするどころか、近代合理主義、科学万能主義が蔓延る現代において、日本古来の思想である言霊を基盤とするこの験担ぎ商品ブームを見ていると微笑ましく、何か安心するではないか。この国にも日本人はまだまだいるんだな〜と。

 本日、通常国会が召集される。皇室典範が改正されるかもしれない運命の通常国会である。女帝を容認すると、祭祀活動に支障を来たすということは当Blogでも触れたし、旧皇族の末裔竹田恒泰氏も著書、雑誌等で主張されている。それをわかった上で女帝を容認する国会議員は、天皇・皇族の祈りの力天皇・皇族の存在が日本人の精神的安定に与える影響といった「非科学的なもの」を信じていないんだろう。
 私からすれば、そんな国会議員なんぞより、「ウカール」を買ってる受験生のほうがよっぽど日本人らしく、そして人間らしく思う。
 いらぬ知識を持たない純粋な若者のほうが、固有の日本人らしさを体現するということはこのエントリの例が適切か不適切かは別としてありうる話ではないか?「最近の若者は・・・」と安易に切り捨てることがいかに愚かしいことか・・・
posted by kiyo83 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

沖縄独立!?

 沖縄独立。そんなもんフィクションの中だけの話だと思っていたが、将来的にそういうこともありうるのか?琉球大の教授による調査結果によると沖縄県民の4人に1人が独立を望むらしい。

「沖縄独立を」25% 4割「沖縄人」と認識
 4人に1人(25%)が「沖縄独立を要望」―。琉球大学法文学部の林泉忠助教授が実施した「沖縄住民のアイデンティティー調査」で、こんな結果が出た。独立を望む理由としては「沖縄の政治、社会的状況が本土とは違う」が最も多かった。
 同調査は、林助教授を責任者とする調査チームが、今年11月に県民2300人に電話アンケート調査を実施し、1029人から回答を得た。併せて、台湾、香港、マカオでも地元大学の協力を得て同様の調査を実施した。
 アイデンティティーの基本構造としては、4割が「自分は沖縄人」と回答。一方で、「日本人である」が21%、「沖縄人で日本人」が36%おり、複合的なアイデンティティーが存在していることを反映している。
 スポーツで沖縄チームと日本チームが対戦した場合、「沖縄チームを応援する」が93%とほとんどを占めた。
 台湾、香港、マカオの住民意識を見ると、「独立すべき」は台湾が約6割で最も多かった。香港は約2割、マカオは約1割となっており、独立に否定的意見が多数を占めた。
 林助教授は「沖縄の人の率直な心情としては、地元への愛着度は高いが、日本人という意識も根付いている。今後、政府の政策、特に基地政策がどのように改善されるかによって、独立に対する意識も変わってくる可能性がある」としている。
 民主党の沖縄ビジョンを笑ってみてられないな〜。独立派(?)が25%もいるっていうのは多くの日本人にとって驚きではないだろうか。
 注目すべきは、最も多い独立を望む理由が文化的な差異ではなく、政治、社会的な差異にあるということだろう。25%という数字は戦後日本の沖縄政策のツケと見ることもできるんじゃないかね?「中国の脅威が増す中、沖縄県民は何を考えてるんだ!!」とか「沖縄はやっぱり左翼の巣窟だ!」と怒るのは簡単だが、その前に本土の人間は沖縄についてもっと考えないといかんな。もちろん俺も含めてだが。保守(に限らないか?)は沖縄について尖閣以外興味なさすぎ。
posted by kiyo83 at 00:00| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

誰が満足する?

 玉串料は払わない(賽銭のみ)、記帳はしない、昇殿しない(拝殿で参拝)、二礼二拍手一礼をしない(一礼して合掌のみ)、そしてその目的は「不戦の誓い」・・・
 こんな参拝で誰が喜ぶんだ?左翼と中韓が攻撃の手を緩めるはずもなく、保守も妥協の参拝に怒る。もちろん、英霊があんな姑息な参拝で満足するはずもない。何のための参拝だ!!
 
 今日の産経新聞の社説もバカじゃないかと思ったね。「小泉首相が国民と約束した年一度の靖国参拝を継続したことを素直に評価したい。」だと?首相が就任時に国民と約束したのは8月15日の参拝だろうが!!捏造するなよ!!

 別に例大祭に参拝するのは結構だが、8月15日にも参拝するべき。もちろん、神道の正式な参拝方法に則って。そして参拝の目的は、不戦の誓いではなく、英霊の慰霊・顕彰、そして二度と国土を敵に踏みにじられはしないという「夷狄を確実に打ち破る誓い」であるべきだ。
posted by kiyo83 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

小林よしのり『沖縄論』

 ロンドンでまた爆発があったようで。米同時多発テロ以降、日本には「テロが起きそうで起きない」状況が続いてますが(北朝鮮による拉致が「現在進行形のテロ」だとは認識してますが、それはひとまず置いておいて)、「起きないだろう」という油断を絶対にせず、十分な備えをしておかねばならないなと思いますね。

 で、小林よしのりの『沖縄論』。俺が東京にいる間に発売されたようですが、先日ようやく読み終わりました。沖縄人民党の瀬長亀次郎の話がいいですね。今の日本共産党にはいない、いい意味での「真の左翼」。左翼だろうが、リベラルだろうがいいですが、政治家はその根底に「愛国心」がないとやはりダメだと思います。小林よしのりも書いていますが、瀬長亀次郎とは俺も歴史観、国家観を異にします。しかし、その生き方には共感できる部分が多々ありました。
 ただ、本全体を見た場合、書き下ろし分が少なく、SAPIO連載分がほとんどだったのがやや残念・・・
 日本共産党の前参議院議員、宮本たけし氏が自身のホームページで『沖縄論』について簡単な書評を書いてます(→こちら)。やっぱ共産党の人が読めばこういう感想になるんですな。イデオロギーに毒されてるのはどっちだか。

 現在、拉致議連会長平沼赳夫の『新国家論』を読んでます。これも読み終えたら簡単な感想を書こうと思います。
posted by kiyo83 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

8月15日靖国参拝

 「8月15日」まで約1ヶ月。戦後60年という節目の8月15日が近づいてきた。「年に一度の参拝」を公言する小泉首相は今年、未だ参拝していない。となると8月15日の首相参拝は大いに有り得るが、これを手放しで喜んでいいのか・・・
 小泉首相の参拝理由は、「不戦の誓い」のためらしい。毎度、この理由で参拝しているのだから次回参拝する時もおそらく同じ理由でしょう。この「不戦の誓い」とは日本の軍国主義は先の大戦でアジアの諸国民に苦痛を与えたので、二度と同じようなことをしないように靖国神社に誓う」ということ。この論理は明らかに10年前の悪名高き「村山談話」と歴史観を同じくしている。大東亜戦争は、自衛のための戦争であり、白人からのアジア解放という大義があったという歴史観こそ真正保守派の歴史観であり、小泉首相の歴史観とは異なっているはず。それににもかかわらず、小泉首相の8月15日靖国参拝を望み、これまでの参拝を礼賛する保守派が大勢いる。この状況に俺としてはすげぇ違和感を感じるんだが・・・
 愛国者か売国奴かを分ける絶好のリトマス紙は「靖国神社に参拝するか否か」だと思っていたが、どうやら不適切のようだ。真のリトマス紙は「村山談話を容認するか否か」。これでしょう。

 8月15日に参拝さえすればいいという多くの保守派の考えはちょっと妥協しすぎ。国を形作るのは「歴史観、国家観」であり、「靖国に参拝するか否か」ではない。参拝さえすればいいという考えは誤りでしょう。小泉首相も村山富一も岡田克也も「歴史観を同じくする同じ穴のムジナ」であるという認識をもっとしっかり持たねば・・・。
 
 正しい歴史観に正しい靖国参拝。最後にしんぶん赤旗の記事を紹介。

靖国参拝で「戦争に負けない誓いを」民主・西村真悟氏
 民主党の西村真悟衆議院議員は七日、都内で開かれた首相の靖国神社参拝を支持する集会に出席し、「靖国に参拝することによって、今度戦争をする時は断じて負けないという誓いを新たにしないといけない」と発言しました。
 来賓として出席した西村氏は「近い将来、わが国は戦争を受けてたたねばならないこともありうる。大いにありうる」と断言。その場所は東シナ海と台湾海峡だと明示した上で「ここがわが国の生命線であります」と述べました。
 また、戦争責任とは「勝てる戦争を指導を誤ったがゆえに負ける戦争にしてしまった責任」であると話しました。
 私は昨年に引き続き8月15日に参拝します。東京都議選が終わり東京を離れる際、候補者を含む多くの人と8月15日靖国での再会を約束しました。それ以外にも、数多くの知人と再会できることでしょう。

「靖国で会おう」

 今も昔も国を思う人間の「約束の地」ですな。
posted by kiyo83 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

愛郷心と愛国心

 国家(Nation)の語源は古代イタリア語のナチオにあるという。ローマ帝政下のボローニャ大学学生による同郷人の集まりをそう言ったらしい。ボローニャ大学には、ローマ帝国の広大な領土から学生が集まっており、普段学生たちは共通語であるラテン語でしか会話ができなかった。そのため、学生たちはナチオにおいて母国語で語り、郷里のことを思い出したそうな。つまり、国家の始まりは郷里であり、愛国心は愛郷心に繋がる。

 わが大学に入学して驚いたのが、「自分の生まれ故郷で就職したい」という学生が意外に多いことであった。東京や大阪に就職したいという人間が少ないのだ。その理由の多くが、「郷里が好きだから」。つまり、「愛郷心故に」という理由である。
 しかし、純粋にウチの学生が愛郷心から、郷里に就職したいのかと言えば疑問は残る。「ただ親離れできていないだけだろう」とも思うのだ。どういう根拠からそう思うのだと言われると説明するのが難しいのだが、夏休みとかに特別な目的意識もなく帰省し、長期滞在している多くの学生を見るとそう感じる。
 
 俺の目から見ると、学生が抱いているのは「愛郷心に似て非なるもの」なのだが、それを構成している要素が「親離れできないこども心」ともう一つ。「大学が所在するこの町への反発」だと思う。大学があり、学生が4年間の大学生活をおくるこの町。はっきりいって「ど」がつくほどの田舎である。遊ぶところもそれほどなく、買い物にも不自由する。貧乏学生という身分ゆえにおいしいものも食べられない(これは田舎が悪いわけではないが)。この町(生活)への反発が、慣れ親しんだ郷里に帰りたいという気持ちを抱かせるのであろうと。よく海外旅行から帰ってきた人が「日本のよさがわかった」とか「愛国心を意識するようになった」とか言うのと非常に似る。
 
 しかし、「海外旅行から帰ってきた人」の言う愛国心は大概ニセモノである。西村真悟衆院議員が言うように愛国心とは「歴史」である。国家の歴史という縦軸を意識し、偉大なる歴史上の先人たちに敬意を払い、そういう先人たちを生んだ国家に自分も生かされているのだと意識する。愛国心とはそういうものである。買い物ができる、食べるものがおいしい、遊ぶところも充実している、そんな「自分たちが生きている心地よい環境に抱く好意」など愛国心ではない。
 我が大学学生の愛郷心も同じ。郷里(実家)の環境に居心地の良さを感じているだけ。それは愛郷心ではない。郷里の歴史についての探究心があまりに希薄である。
 
 冒頭に書いたとおり、愛郷心は愛国心につながる。上辺だけの「愛郷心」は真の愛国心を育まないであろう。昨今の市町村合併についての反応の薄さを見ると、東アジア共同体なるものを無批判に賞賛する輩が跋扈するのも頷ける気がする。

 我が郷里南河内の生んだ英雄は楠木正成。日本史に名を刻む屈指の戦略家であり、尊皇家である。郷里に帰ったときは、できるかぎり正成を祀った南木神社を参拝することにしている。
 今、隣で後輩がパソコンをいじっている。竹島について調べ物らしい。彼の郷里は愛媛県。最近『坂の上の雲』を読んで郷里の英雄、秋山好古・真之兄弟について思いを馳せている。

 昨今、愛国心について喧しく議論されているが愛国心だけでなく愛郷心についてももっと目を向けるべきだ。郷里について思いを馳せず、市町村合併について考えることなどできるはずがない。地方分権の本質も見えない。そういったことに国民全員が気づかなければならないのだが・・・
posted by kiyo83 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

日本≠平和

 タイトルを「憂国のSea Sparrow」から「憂國のSea Sparrow」に変えました。理由?「憂國」のほうがかっこいいと思ったから。それだけ。

 平日の昼。これを書いている部屋の窓から山が見える。島根の山だ。あの山に武装ゲリラは潜んでいない。対人地雷も埋まっていない。爆撃されて山火事になる可能性は限りなくゼロに近い。窓から見える風景は平和そのものだ。おそらく、この文章を読んでいるあなたの周りも、同じような風景であろう。「一見」平和だ。

 しかし、日本は平和ではない。今、私のいる部屋から少し外に出てみれば日本海が見える。その日本海の向こうでは・・・
 
一、弾道ミサイル数百発が日本に照準を定めている。しかも核兵器を搭載している。海の向こうの国家の指導者たちが日本への核ミサイルの発射を指示すれば、約10分後には確実に数十万の日本人が死ぬ。それを防ぐ術は我が国にはない。
 
二、日本人数百名が不当に拉致され、人権を剥奪され、圧制下での生活を余儀なくされている。しかも、それは一犯罪組織などではなく、国家によって実行された紛れもない国家テロである。そして、その国家テロに協力した日本人が今も我々の周りで普通に暮らしている。

三、歴史的、国際法的にあきらかに日本の領土であるにも関わらず、他国に占領されている島がある。日本人は近寄ることもできない。近寄ろうものなら、拿捕される。殺されても不思議ではない。

 以上、3つ。日本≠平和を証明するには十分すぎる事実だ。

 平和憲法のおかげで日本は戦後、平和を謳歌できたとある人たちは言う。しかし、日本は平和ではない。偽りの平和、見せかけだけの平和である。日本が平和を実現するのを邪魔しているのは何か?それは平和憲法以外の何ものでもない。なんとも皮肉な話だ。

 そんなことをふと思った、5月18日の午前であった。
posted by kiyo83 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。