2006年02月13日

男系維持派ではなく男系男子維持派

 女系を容認するという国民の数は、今年になって皇室典範改正問題をメディアが取り上げ、一部政治家が慎重論を唱えることによって減りつつあるが、「女帝は容認していいのでは?」という人間は一向に減らない。大変不満だ。
 昔からの読者は知ってると思いますが、 憂國のSea Sparrowは「男系男子維持派」です。単なる男系維持派(女帝容認派)ではない。女系容認の動きを止めるべく、小異を捨て、男系男子維持派も女帝容認派も「男系派」としてまとまるべきだという方もいますが、私には野合する気はない。それは、与党の立場を維持するために社会党とでも公明党とでも手を結ぶ自民党や寄せ集め集団の民主党とやってることが同じだから。特に、国体の問題での野合は国家観を歪める。今の自民党を見ればそれはよくわかるだろう。

世襲の一点で大統領とは異なり、祭祀の一点で世俗の君主とは異なる
 

 三島由紀夫が天皇を語った言葉である。女性天皇では皇室祭祀を完璧にこなせない。月経中の女性皇族は宮中三殿に上がることを許されない。今上陛下が皇位を継承する際の「剣璽等承継の儀」に女性皇族の出席は許されなかった。一年の中で天皇が行うもっとも重要な祭祀である新嘗祭は、女性霊である「穀霊」を男性である天皇が祭司することにその本質がある。女性天皇が新嘗祭を執り行うことは宗教的にも論理的にも矛盾している。
 言論人で言えば八木秀次、西部邁、小林よしのり、政治家で言えば平沼赳夫といった人物まで女帝を容認してしまうことが大変不可思議だ。靖国のA級戦犯分祀については神道の伝統にこだわるくせに、肝心の皇室問題であっさり折れてしまうのは何故だ?

 女帝容認は天皇を「世俗の君主」へと近づける。女帝容認は、祭祀王としての天皇の性格を変えてしまう国体変革なのだ。女帝を容認することは保守にとって自殺行為でしかない。
 女系容認は論外。女帝容認も軍事的に言えば核兵器を使用するレベルの最終手段。
 野合を嫌う憂國のSea Sparrowは、「男系男子維持派」の看板を掲げて皇室について語っていきます。
posted by kiyo83 at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/ascptts/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/ascptts/?mode=edit&title=%3FJ%3F%3F%3F%3FSea%20Sparrow&address=http%3A%2F%2Fkiyo83%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/ascptts/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2006年02月17日 15:18
はじめまして。
秋篠宮妃殿下御出産が予定より早くなりそうですね。
それにしても
皇室典範改悪を断念していない連中がいます!
そんな輩に対抗するには旧宮家を再興して
おかねばなりません。

自分も女系だけではなく男系でも女帝は容認
出来ません。
男系男子主義を貫き
女系天皇容認派を打倒しましょう!
産経新聞の記者にも女系論者はいるので
気をつけねばなりません。
Posted by 皇室典範問題研究会兵庫支部 at 2006年07月18日 19:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。