2005年11月29日

バカな社説を書くな!朝日と日経!!

 今日は西村議員特集です。
 西村議員逮捕。それについて読売、産経、朝日、毎日、日経の主要5紙全てが社説を組んでおります。基本的に全紙「議員辞職すべし」というスタンスですが、朝日と日経の社説の酷いこと、酷いこと。特に朝日のは、「これが社説か?」と見紛うほどの醜悪なもの。首相の靖国参拝の翌日でもこんな汚らしい社説は書かないだろう。朝日、日経ともに全文引用しときます。
 まず朝日。

西村議員逮捕 民主党の罪も深い
 民主党の西村真悟衆院議員が、弁護士法違反の疑いで逮捕された。
 右翼団体に属していた人物に、自分の弁護士名義を使わせ、数年にわたって交通事故などの示談交渉をさせていた。依頼者から受け取った報酬は、この人物と折半し、年間数百万円を得ていたらしい。
 金をもらって名義を貸し、実際の示談交渉を丸投げする。まさに悪徳弁護士のやり口だ。しかも、西村議員は国民の負託に応えるべき国会議員である。
 事件の全容解明は大阪地検特捜部と大阪府警の捜査を待つとしても、もはや弁護士としても、国会議員としても、その任に堪えないことは明らかだ。
 西村議員は逮捕後に容疑を認めたという。一方で、「議員としての職責は別」として、議員を辞職しない考えを示していた。とんでもない考え違いである。ただちに自らけじめをつけるべきだ。
 それにしても、今回の事件であからさまになったのは、こんな議員を抱えていた民主党の罪の深さだ。
 西村議員の国会議員としての資質には、かねて疑問があった
 民族主義者を自任し、97年には中国と領有権争いのある尖閣諸島に国会議員として初めて上陸した。99年には雑誌の対談で、日本の核武装の検討を唱え、防衛政務次官を辞任せざるをえなかった。
 2年前には、「建国義勇軍」などを名乗って銃撃事件を起こした刀剣愛好家団体の最高顧問に就いていたことが発覚した。こんな暴力的な団体とかかわるだけでも国会議員としての責任は免れない。それなのに、西村議員は「団体の活動と犯罪は別物」と開き直った。
 こうした出来事のたびに、私たちは西村議員を厳しく批判してきた。西村議員の所属していた自由党との合併にあたっては、政策を問いつめるべきだと民主党に注文をつけた。
 民主党は、西村議員の主張や体質を十分に知りながら、今回の総選挙でそのまま公認したのである。
 西村議員は総選挙直後には、テロを容認するかのような発言までした。小泉首相について「あれは狙撃してもいい男だ」と語ったのだ。
 総選挙直後に覚せい剤所持容疑で逮捕された小林憲司前衆院議員は、かつて薬物疑惑が報じられていたのに、民主党はその後も公認し続けていた。
 議員の資格が疑われる出来事や情報があっても、放置する。そんな構図は西村議員の場合とまったく同じだ。
 今回の逮捕を受けて、民主党は西村議員を党から除籍し、自発的な議員辞職を求める方針を決めた。当然のことだ。
 選挙違反で逮捕された計屋圭宏前衆院議員とあわせ、総選挙から3カ月足らずで民主党の現職・前職国会議員の逮捕はこれで3人目だ。
 前原執行部がここで自浄作用を示せないなら、巨大与党への反転攻勢などは絵空事になるに違いない。
 
 次、日経。

西村議員は辞職すべきだ
 国会議員には一般国民より高い規範意識が求められる。まして西村真悟・民主党衆院議員は弁護士でもある。弁護士法2条には「弁護士は高い品性の陶冶(とうや)に努めなければならない」とある。その弁護士法に違反した疑いで逮捕されるとは、法曹として国会議員として国民の負託をひどく裏切るものだ。西村議員は辞職して責任をとるべきだ。
 大阪地検は先に西村議員の法律事務所元職員を、示談交渉など弁護士以外には禁じられた仕事をして報酬を得たとして、弁護士法違反容疑で逮捕した。元職員は事務所の名を使ってこの違法な仕事をしており、西村議員は元職員に弁護士名義を利用させた容疑をもたれている。名義貸しの見返りにカネを得ていたという。本人は既に「名義貸しは否定しがたい」と認め、所属の弁護士会は同法違反行為があったとの調査結果をまとめ、懲戒手続きに入った。
 西村議員は過去に国会議員・政治家としての資質を疑わせる行いを重ねてきた。「建国義勇軍」などを名乗った一連の襲撃・脅迫事件の犯行グループが2003年に検挙された際、グループの母体になった刀剣愛好会の最高顧問に西村議員が就き、会から政治献金や選挙の応援を受けていたことが明るみに出た。
 防衛政務次官だった1999年には、雑誌のインタビューでの発言が問題になった。「核を持たないところが一番危険なんだ。日本も核武装したほうがええかもわからん」などと述べたのが不適切として次官辞任に追い込まれた。付け加えれば、このインタビューに人々がマユをひそめたのは、政治的放言よりも、人間としての品位を疑わせる「(集団的自衛権に反対を唱える)女性議員に言うてやった。『おまえが強姦(ごうかん)されとってもオレは絶対に救ったらんぞ』と」という言葉だった。97年には日本と中国、台湾で領有権に争いがある尖閣諸島の魚釣島に勝手に上陸し、時の官房長官に「大変遺憾」と言わせた。
 こうした経歴の上に今回の事件である。民主党も西村議員を除籍処分にするだけで、事足れり、とするのではおかしい。そんな人物を候補者に公認してきた責任をどう考えるのか国民に説明しなければならない。
 ホント、バカな社説である。核武装発言も、尖閣諸島上陸も、刀剣友の会も今回の事件と何の関係もないではないか。事件に便乗してこれまでの言動を取り上げるとは何と卑怯な!!つまらぬ小細工で世論誘導を行うのはやめてもらいたい。百歩譲って核武装発言と刀剣友の会については西村議員が軽率であったとしても、尖閣については完全に別。日本人が立ち入れない日本領土などあっていいはずがなく、尖閣が日本領土である限り、西村議員に責められる点は全くない。尖閣上陸を今回の件に絡めて書くところに、朝日と日経の売国体質が見てとれる。
 核武装発言をしても、尖閣諸島に上陸しても、刀剣友の会の最高顧問に就任していても西村議員は選挙に当選してきたのである。民意は西村議員を支持したのだ。にも関わらず、これまでの発言、経歴を取り上げて西村議員の資質を疑うというのは選挙民の目を疑っていることに他ならず、西村議員を選出した大阪17区の選挙民への侮辱以外の何ものでもない。
 郵政民営化や皇室典範改正問題において世論だ、民意だとやかましいにも関わらず、今回の社説では世論も民意もあっさり無視。完全にダブルスタンダードですな。
日経新聞をマトモな新聞だとか、中道だとか勘違いしてる輩が結構いるがどういう根拠から言ってるのか俺にはぜ〜んぜんわからん。これまでの日本の経済至上主義が日経をいいように見せているだけ。これまでの経歴には触れず、ただ今回の事件についてのみを取り上げて追求する読売、産経のほうがどう考えてもマトモであろう。

 社説とは離れて興味深い記事。スポーツ報知には政府陰謀説が載ってる。俺は結構信憑性のある話だと思ってるんですがね。実際に耳でそういう話も聞いたし。

背景に「拉致議連つぶし」!?
 事件は7月末に鈴木容疑者の書類送検で、一度は捜査を終えていたはずだった。その後、大阪地検と府警が、再度動き始めたという情報にも、西村事務所関係者からは「大丈夫」という楽観的な声しか聞こえてこなかった。だが事態は一気に代議士本人の逮捕へ。永田町では「大きな力が働いたとしか言いようがない」の声も上がっている。
 ある関係者は「露骨な拉致議連つぶし」と指摘する。西村氏は拉致議連の幹事長を務めているが、今回の逮捕で民主党を除籍処分となり、議連は会長の平沼赳夫元経産相をはじめ幹部は無所属になった。「政党の協力が全く期待できなくなる」と関係者は懸念を強める。
 被害者家族は「活動が弱まることは心配していない」(横田滋代表)と述べているが、西村氏を筆頭に議連メンバーの過激な政府・与党批判が世論を動かす原動力になってきたのは事実だ。関係者は「政府主導で交渉を進め、日朝国交正常化交渉を軌道に乗せるのが狙いでは」と推測する。
 ほかに「常に小泉批判を過激に繰り返してきたため、官邸からにらまれていた。特に最近の月刊誌が引き金になったのでは」という声も。また、この時期に逮捕となったことについて「北朝鮮亡命女性の帰国が北朝鮮側から交渉を進めようという何らかのサインだとすれば、西村氏の逮捕が日本側からの返答を意味するサインの可能性もある」と話す関係者もいるなど、日朝交渉をめぐってさまざまな憶測を呼んでいる。
posted by kiyo83 at 00:00| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12186800

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。