2006年01月04日

土方歳三

 あけましておめでとうございます。本年も憂國のSea Sparrowを宜しくお願い申し上げます。

 新年一発目はTVの話題。昨夜、NHKで放送された新選組!! 土方歳三 最期の一日。新撰組&土方マニアにとっては不満かもしれませんが個人的にはかなり楽しめました。2004年に放送された大河ドラマ新選組!の続編ですが、大河ドラマほとんど見てなかった俺でも十分に満足。ちなみに大河は芹沢鴨役の佐藤浩市が出なくなって見なくなった。

 やはり土方歳三はかっこいいっすね。というか幕末の人物は、佐幕派、尊攘派を問わずかっこいい人が多いんですがその中でも土方はダントツで好きです。賊軍の将なんで、保守系の方々からはあまり人気がないのが残念です。新撰組時代は鬼の副長として組織内でトップに代わって嫌な役を引き受けつつ組織をまとめ上げ、戊辰戦争においては徳川に忠義を尽くし最後まで薩長に戦いを挑みつづける。そういう生き方に惹かれるんですな〜。組織をまとめるために鬼に徹する所はサークルや学生自治活動を行う上で私も参考にしたものです。まあ、全然鬼に徹し切れてなかったですけどね・・・
 
 で、ドラマに戻りますが「生きるために戦う土方」、榎本武揚、大鳥圭介と握手しちゃう土方いうのは賛否両論あるだろうな〜と。土方ファンのバイブル、司馬遼太郎『燃えよ剣』に描かれる土方が好きな人にとっては、榎本と大鳥は愚将として見下される存在だし、戊辰戦争は土方にとっては死に場所を求める戦いでないと納得がいかんでしょう。死に方も単騎で官軍に突撃した上で銃弾に倒れるというのがお約束。不意に撃たれて倒れるというのに納得いかん人も多いはず。
 しかし、そういった土方のお約束を覆す脚本とそれを書いた三谷幸喜。俺的には「あり」だと思いました。エンターテイメントとして十分に面白いんだから。そして、土方の魅力である、忠義、信念というものは全く損なわれていないし。(それでも『燃えよ剣』の土方の方がかっこいいですけど)

 土方歳三という男、最期には賊軍の将として生を終えますが、尽忠報国の士であることは薩長の志士と共通していると思います。京にいる頃は御所の警護もしてますし、賊軍として片付けてしまうには惜しい人物です。成り行きで賊軍となりましたが、尊皇の心がないわけではない。幕末という時代は簡単に二分論では測れないところに面白さがあります。尊皇と徳川幕府への忠義は相反するものではないんですが、どうも対立する思想として見てしまいがちです。保守であろうと何であろうと、土方と新撰組を正当に評価してもらいたいものです。
 とりあえず私は男として土方歳三のように生きたいと思っております。
posted by kiyo83 at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。