2006年01月31日

曾祖母の死去

 1月29日、私の曾祖母が死去した。享年108歳。
 
 大病を患うことのなかった曾祖母は、病院ではなく、南北朝時代の忠臣、楠木正成の生誕地よりわずか100メートルの自宅で亡くなった。死因は老衰。大往生である。内閣や大阪府からその長寿を称えられて表彰され、村のだんじりは曾祖母の自宅の前を通る際、必ず一時停止し、一礼して通過した。曾祖母は私の親戚一同の誇りであった。

 曾祖母が生まれたのは明治31年である。当時、日清戦争を勝利で終えたわが国は、満洲や朝鮮半島においてロシアとの対立を深めつつあった。日英同盟が締結されたのは曾祖母が4歳の時、日露開戦は6歳の時でった。その頃、伊藤博文、山形有朋、板垣退助、黒田清隆といった明治維新の功労者たちもいまだ健在であり、それどころか、最期の将軍徳川慶喜、勝海舟、榎本武揚といった徳川幕府の中心人物たち、永倉新八、斎藤一といった新撰組隊士まで存命であった。そのような時代に生まれて、平成18年まで行きつづけたのだから、私の曾祖母はまさに日本近代史の生き証人である。私が、この国の歴史に興味を持つ頃には、曾祖母は認知症(痴呆症)が進行しており、そのような話を聞く機会がなかったのは今思えば非常に残念で悔やまれる。
 
 100歳を迎える頃まで、曾祖母はまだまだ元気であった。100歳目前まで、内職をしてお金を稼いでいたし、そのお金で私にお年玉をくれた。トイレにも自分の足で行っていた。私もその頃まで家を訪ねればよくかわいがってもらったのを覚えている。105歳頃を境に急に衰え、寝たきりになってしまい、私の名前も完全に思い出せなくなってしまった。しかし、死の直前まで孫である私の父の名前はしっかりと覚えていた。
 100歳を超え、105歳を超えると不思議なもので曾祖母がいつまでも生き続けるような気がした。寝たきりになっても亡くなることが想像できなかった。ギネスブックすら塗り替える気がした。死の1週間前に体調を崩し、今度こそ危ないと言われたが見事に持ち直した。結局、1週間後に亡くなったわけだが、医者も持ち直したと診断しており、死の報に驚いたらしい。

 旧正月の1月29日に、108という縁起の良い数字で亡くなったというのは偶然だとは思えない。通夜、葬式当日、会場は両日ともに霧に包まれた。まるで、何ものかが曾祖母を霧に包んで天に連れて行くようであった・・・
 
 当たり前のことだが曾祖母が存在しなければ私の存在もない。曾祖母に感謝し、冥福を祈りたい。
そして、長い人生本当にご苦労さん。おばあちゃん、天国でゆっくりしてや。 
posted by kiyo83 at 20:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

がんばれ労働組合

 企業は株主のものか?それとも労働者のものか?戦後の高度経済成長からバブル期に至るまで20世紀の日本において「企業とは労働者のもの」と考えられてきた。しかし、21世紀になり、日本が長い不況のトンネルから脱しようという頃、「企業とは株主のもの」であるというホリエモン的(米国資本主義的)考え方が徐々に広がってきた。

 日本の労働組合はこれまでホリエモン的考えを声高に非難することをしてこなかった。昨年の日本放送の株を巡るフジテレビとライブドアの争いは、日本人の企業観が問われた出来事であったが労働組合(特に連合)は何ら社会的影響力のあるメッセージを発することがなかった。
 労働組合が労働者とその家族を守る存在であるなら、労働者の生活基盤を自由に売り買いし、不安定化させる輩は闘争の相手のはずである。労働組合は、そういう輩に対し積極的に「企業は労働者のもの」とのメッセージを発し、対決の姿勢を打ち出さねばならないはずだ。

 労働者のことを考えずに企業を自由に売り買いし、私腹を肥やす人間はマルクスが「資本家」と定義した存在そのものである。共産党や社会党に近い労働組合にほど、積極的にそういう存在を否定していかねばならないはずだ。にも関わらず労働組合は相変わらず愚かな政治家と馴れ合い、積極的なメッセージは護憲、非戦、平和の類のものばかり。今はそんなことを主張している場合ではないだろう。

 堀江逮捕は日本国のあるべき企業観、労働観を取り戻す契機である。日本国は、古来より天皇自らが田植えを行われることに象徴されるように、労働の国、労働者の国なのだ。労働組合が先頭に立ち、「企業は労働者のもの」というメッセージを発し、日本国に相応しい企業観、労働観を再確立しなければならない。
 労働組合は、闘うべき戦場をしっかりと認識すべし。今、戦わねばならない戦場は憲法問題ではない。
posted by kiyo83 at 01:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

ハマス圧勝 日本人に批判する資格はあるか?

 25日に行われたパレスチナ評議会選挙、選挙初参加のイスラム原理主義組織ハマスの圧勝に終わったそうだ。アラブの一部を除く世界各地でこの結果に失望の声が挙がっている。シャロン・アッバスが築いた対話路線は暗礁に乗り上げる可能性が高く、和平プロセス再開は当面絶望的だろう。日本にとっても国際社会にとっても望ましくない結果に終わったことは間違いない。
 しかし、多くの日本人にはパレスチナの選挙結果を非難したり、笑ったりする資格はないだろう。国体破壊政党の小泉自民党を与党に選んでいるんだから。俺に言わせれば、昨年の衆院選の結果もパレスチナ評議会選と同じ、いや、それ以上にヒドイ結果である。
 
 立候補し、当選したハマスの人間はイスラム原理主義組織の人間かもしれんが、真剣にパレスチナのことを考えている愛国者ばかりである。パレスチナとアラブの歴史も知り尽くしていよう。
 ホリエモン、杉村タイゾーを始めとする小泉チルドレンの大多数、有権者を簡単に裏切る野田聖子といったバカどもと比べてみればいい。ハマスより政治に真剣か?愛国者か?ハマスの人々がアラブとパレスチナを知り尽くしているように日本のことを知り尽くしているか?答えはどれも「NO」だろう。武装闘争を継続するなどその政策は褒められたものではないかもしれないがハマスに所属する人間は日本の多くの政治家より、強い信念を持ち、そして強く国を愛している。 そういった人間が当選する選挙が、日本の選挙と比較して民主主義的に劣っていると言えるだろうか?絶対に言えはしない。
 ハマス圧勝という結果は、やはり望ましいものではない。しかし、それを生んだ選挙自体は日本の選挙と比較し、立候補者と有権者のレベルが高いものであったと思う。
 
 中東は完全に門外漢なのだが、民主主義の難しさと面白さを教えてくれるニュースであったので取り上げてみた。
posted by kiyo83 at 15:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 国際政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

近況(平成18年1月下旬)

 昨日は大学生活最後の授業があった。中江兆民『三酔人経綸問答』について。最後を飾るにふさわしい内容だったかな。

 昨年の本学大学祭の財政問題。個人的に納得できない部分もまだまだあるのだが、昨日で個人的に関与することは終わりだろう。最後に作った文書は久々に会心の出来であった。
 学生自治を担っている後輩を見ると、学が足りん連中ばかりだが、厳しい言い方をすれば本学の学生の意識の低さを考えればそれ相応のレベルとも言えよう。学生の意識が低ければ運営側に向上心が生まれないのは半ば必然。一般の学生も自治運営側ももっとさまざまな知識を深めよ。そしてそれを日常に活かせ。

 今日はノートパソコンを修理に出した。以前からディスプレイの調子が悪かったのだが、卒論執筆の都合などもあり放置していた。来月から長期東京に行く可能性があり、その時に持って行きたいのでこのタイミングで修理に出した。早く直ればいいんだが。
posted by kiyo83 at 14:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

移転しました

 堀江逮捕をきっかけに移転致しました。

 ライブドアとフジテレビとのゴタゴタ以来、移転は常に考えていたんですが「めんどくさいな」と思って先延ばしにしていました・・・
 
 まだまだSeesaaの機能を使い切れていないんで暫くはご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが温かい目で見守って下さい。
 ブックマークしていただいていた方には大変申し訳ございませんが、リンクの変更をよろしくおねがいします。

 今後とも憂國のSea Sparrowをよろしくお願いします。
posted by kiyo83 at 15:00| 島根 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

非科学的なものと日本人

 近頃、受験に合わせた験担ぎ商品がよく売れているそうな。「キットカット(きっと勝つ)」やカールの合格祈願ver「ウカール」などよくコンビニで見かけるようになった。
 科学的見地からすれば、これらの商品を買おうが、食おうが合否に影響などするはずがない。しかし、多くの受験生とその親は「非科学的な何か」を期待し、験担ぎ商品を購買している。この場合の「非科学的な何か」を一つの単語で表すなら「言霊」であろう。
 私は験担ぎ商品を買う人々をバカにする気は全くない。バカと言えば、「ホリエモンショック」で狼狽している連中のほうがよっぽどバカだ。バカにするどころか、近代合理主義、科学万能主義が蔓延る現代において、日本古来の思想である言霊を基盤とするこの験担ぎ商品ブームを見ていると微笑ましく、何か安心するではないか。この国にも日本人はまだまだいるんだな〜と。

 本日、通常国会が召集される。皇室典範が改正されるかもしれない運命の通常国会である。女帝を容認すると、祭祀活動に支障を来たすということは当Blogでも触れたし、旧皇族の末裔竹田恒泰氏も著書、雑誌等で主張されている。それをわかった上で女帝を容認する国会議員は、天皇・皇族の祈りの力天皇・皇族の存在が日本人の精神的安定に与える影響といった「非科学的なもの」を信じていないんだろう。
 私からすれば、そんな国会議員なんぞより、「ウカール」を買ってる受験生のほうがよっぽど日本人らしく、そして人間らしく思う。
 いらぬ知識を持たない純粋な若者のほうが、固有の日本人らしさを体現するということはこのエントリの例が適切か不適切かは別としてありうる話ではないか?「最近の若者は・・・」と安易に切り捨てることがいかに愚かしいことか・・・
posted by kiyo83 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

中国を手玉に取る独裁者の外交

 タイトルだけ見るとどこぞのブタが列車に揺られて中国を訪問したニュースについてみたいですが残念ながら違います。
 18日、リビアのカダフィ大佐の次男が訪台。陳水扁総統と会談し、陳総統のリビア訪問で合意したそうな。

台湾総統リビア訪問で合意 中国の反発必至  
 台湾の陳水扁総統は台北の総統府で18日、中国と国交を持つリビアの最高指導者カダフィ大佐の二男で実力者のセイフ・イスラム・カダフィ氏と会談し、大佐の招請に応じてリビアを公式訪問することで合意した。また大佐を台湾へ招いた。
 カダフィ大佐の有力な後継候補と目されるセイフ・イスラム氏が外交関係のない台湾を突然訪問し、陳総統をリビアに招いたことで、中国の強い反発は必至だ。
 総統府の発表によると、双方は会談で経済貿易、科学技術、軍事などの関係強化のため相互に代表事務所を設置することでも合意した。
 アメリカに制裁され続けてきたカダフィ大佐にとれば中国の反発など大したことではないんでしょう。アメリカと何十年も対峙してきた独裁者の外交感覚が垣間見れる気のするニュースです。世界で中台相手にこのように思い切った外交を展開できるのはアメリカぐらいじゃないでしょうか?何にしろ台湾が様々な国と外交を展開することは喜ばしいと思います。
 
 このニュース、まだ続きがありまして、なんと中国の李肇星外相は現在リビア訪問中なんですね。李肇星と会談したカダフィ大佐は、のうのうと「台湾独立に反対し、中国の統一を支持する」と述べたそうな。完全に中国を手玉に取っている
 次男が陳総統と台湾で会談した直後に自身(カダフィ大佐)は李肇星外相とリビアで会談する。これは間違いなくリビアのシナリオどおりでしょう。これによりリビアは最小のダメージで台湾との経済、科学、軍事交流を進展させたわけです。列車に揺られて無駄な長旅をする北東アジアの独裁者と比べれば、24時間の間でスピーディに外交を展開し、実利を上げてみせたカダフィ大佐の外交能力は一枚も二枚も上手と言ってよいでしょう。

 陳水扁とカダフィ大佐の相互訪問という外交カードをリビアがどのタイミングでいかに使うか。今後注目していきたいですね。
posted by kiyo83 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

このまま皇室典範は改正されてしまうのか

 皇室典範改正の動きが本格化する一方、寛仁親王殿下は毎日新聞、文藝春秋のインタビューに答え、再び女系容認に警鐘を鳴らしておられる。政府、与党はこのまま寛仁親王殿下を無視し続けるつもりなのであろうか。

 一方、自民党。国民参加型の総裁選をやるとかいつも頓珍漢なことばかり言ってる武部のオッサンが党議拘束を掛けずに自主投票にする可能性があることを示唆した。なかなかいいこと言うやんけと思った矢先、それを打ち消すかのように、即座に安倍官房長官が党議拘束は必要との認識を示すという残念な結果に・・・

 もっとも、今のままでは党議拘束のある、なしはあまり関係がない。公明、民主党の99%が賛成に回るであろうから自民党の50%が反対に回ったところでどうしようもないのだ(半数も反対に回らないだろう。50%という数字はかなり多めに見積もったつもり)。政府が改正案の提出を見送らない限り、皇室典範改正は避けられないだろう。

 最近、もう何もかも手遅れな気がしてならない。天皇陛下の大御心以外にこの動きを止めることは不可能ではないか・・・
posted by kiyo83 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

元寇を戦いしもののふたち

 1274年の文永の役、1281年の弘安の役を合わせて元寇と言う。誰でも知ってる日本人の常識。しかし、世界最大にして最強のモンゴル帝国軍を打ち破り、日本を救った鎌倉武士たちの評価は日本人の中でそれほど高くない。それどころか「世界最大にして最強のモンゴル帝国軍を打ち破った」という表現にすら納得の行かない人が少なくないと思う。その理由はただ一つ。日本が勝ったのは「神風」という天災のおかげであり、鎌倉武士たちが強かったわけではないという話が常識となってしまっているからだ。

 ロシアの人に次のようなことを言ったらどのような反応が返ってくるであろうか。「ソ連軍がナチスドイツに勝ったのは冬将軍のおかげであり、ソ連軍が強かったわけではない。」おそらくロシア人は怒るであろう。もちろん、冬将軍はドイツ軍の戦意を削ぎ、東部戦線におけるドイツの敗北を決定的にはしたが、それはソ連軍が勇敢に戦い、ドイツの電撃戦を阻止し、戦闘が長期化したからだ。ソ連軍の士気が低く、軍備も不十分であったなら秋までにモスクワは占領され、ソ連は敗北していたであろう。
 元寇も同じことである。「神風」で蒙古軍が大打撃を受けたのは、鎌倉武士が勇敢に戦い、沿岸部で蒙古軍の進撃を食い止めたがために、蒙古軍が船内での休養を余儀なくされたからである。
 鎌倉武士たちが弱く、あっさり敗走していれば蒙古軍は九州内陸部にテントを張ることが可能であった。しかし、鎌倉武士たちはそれを許さなかった。「神風」は蒙古軍撤退の決定的な要因であったかもしれないが、それは蒙古軍の上陸を許さない鎌倉武士の勇敢な戦いがあってこそなのである。

 元寇を戦った鎌倉武士の評価は当時から低い。京都の貴族たちは、「日本が元寇に勝利したのは、自分たちが勝利についての和歌を詠み、神仏に勝利と敵国降伏を祈願したことにより、神風が吹いたからだ」と考えた。結果、鎌倉幕府の執権北条時宗には朝廷から何の褒美も与えられなかった。(600年の時を経て、ようやく明治天皇より従一位が追贈されている)「戦後の日本が戦争に巻き込まれなかったのは平和憲法のおかげだ。自衛隊や米軍のおかげではない」と考える愚かな政党が存在するがよく似た考えはいつの時代にも存在するものである。

 博多湾の底で見つかった蒙古軍の船から農業用の鋤や鍬が見つかっていることからモンゴル帝国には日本への殖民の意図があったと考えられている。元寇は間違いなく日本国と大和民族にとっての危機であった。靖国に祀られる英霊に先んじることおよそ650年。蒙古軍から国を守るために戦った鎌倉武士たちにも適切な名誉が与えられることを期待したい。
posted by kiyo83 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もののふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

土方歳三

 あけましておめでとうございます。本年も憂國のSea Sparrowを宜しくお願い申し上げます。

 新年一発目はTVの話題。昨夜、NHKで放送された新選組!! 土方歳三 最期の一日。新撰組&土方マニアにとっては不満かもしれませんが個人的にはかなり楽しめました。2004年に放送された大河ドラマ新選組!の続編ですが、大河ドラマほとんど見てなかった俺でも十分に満足。ちなみに大河は芹沢鴨役の佐藤浩市が出なくなって見なくなった。

 やはり土方歳三はかっこいいっすね。というか幕末の人物は、佐幕派、尊攘派を問わずかっこいい人が多いんですがその中でも土方はダントツで好きです。賊軍の将なんで、保守系の方々からはあまり人気がないのが残念です。新撰組時代は鬼の副長として組織内でトップに代わって嫌な役を引き受けつつ組織をまとめ上げ、戊辰戦争においては徳川に忠義を尽くし最後まで薩長に戦いを挑みつづける。そういう生き方に惹かれるんですな〜。組織をまとめるために鬼に徹する所はサークルや学生自治活動を行う上で私も参考にしたものです。まあ、全然鬼に徹し切れてなかったですけどね・・・
 
 で、ドラマに戻りますが「生きるために戦う土方」、榎本武揚、大鳥圭介と握手しちゃう土方いうのは賛否両論あるだろうな〜と。土方ファンのバイブル、司馬遼太郎『燃えよ剣』に描かれる土方が好きな人にとっては、榎本と大鳥は愚将として見下される存在だし、戊辰戦争は土方にとっては死に場所を求める戦いでないと納得がいかんでしょう。死に方も単騎で官軍に突撃した上で銃弾に倒れるというのがお約束。不意に撃たれて倒れるというのに納得いかん人も多いはず。
 しかし、そういった土方のお約束を覆す脚本とそれを書いた三谷幸喜。俺的には「あり」だと思いました。エンターテイメントとして十分に面白いんだから。そして、土方の魅力である、忠義、信念というものは全く損なわれていないし。(それでも『燃えよ剣』の土方の方がかっこいいですけど)

 土方歳三という男、最期には賊軍の将として生を終えますが、尽忠報国の士であることは薩長の志士と共通していると思います。京にいる頃は御所の警護もしてますし、賊軍として片付けてしまうには惜しい人物です。成り行きで賊軍となりましたが、尊皇の心がないわけではない。幕末という時代は簡単に二分論では測れないところに面白さがあります。尊皇と徳川幕府への忠義は相反するものではないんですが、どうも対立する思想として見てしまいがちです。保守であろうと何であろうと、土方と新撰組を正当に評価してもらいたいものです。
 とりあえず私は男として土方歳三のように生きたいと思っております。
posted by kiyo83 at 00:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。